何か手続きをしようと思った時に必要書類がなかなか揃わずイライラしたことはありませんか?カードローンを組もうと思った時にも事前に分かっていればとてもスムーズですよね。とても簡単なのでご紹介します。まず用意する種類は「氏名」「住所」「生年月日」が確認できる書類です。運転免許証を持っていればなんなくクリアで常に携帯しているものですから事前に用意する必要はありません。しかし持っていない人は何が証明書として使えるのかわからず困った経験があると思います。他証明書は「健康保険証」「パスポート」であれば使える所がほとんどです。「住民基本台帳カード」「個人番号(マイナンバー)カード」「在留カード」も使える所が多いですが使えない場合もあるようなのでカードローン先に確認してから使ってください。更に証明書の住所が現住所と違っている場合は「公共料金の領収書」「住民票」「印鑑証明書(発行より3ヶ月以内)」の提出を求められる場合があります。次に用意するのが「収入証明書」です。これは必ず必要になる訳ではなく借り入れ希望金額が消費者金融では50万円以上もしくは他社と合わせて100万円以上の場合、銀行では100万円~200万円以上の場合です。利用できる書類は「源泉徴収票」「住民税決定通知書」「納税証明書」「確定申告書」「所得証明書」「給与明細(直近2~3ヶ月分)」などです。どれも手元になく収入証明書の提出が必要なくらい借り入れを検討している場合は職場で再発行の手続きが必要です。ほとんどの企業で1日で再発行してくれることは少ないそうです。なくさないようにしっかりと保管しておいてください。いかがでしょうか?いざカードローンを組もうとして慌てない為に自分はどんな証明書や書類が必要なのは分かりましたでしょうか?借り入れの前には返済プランを考え計画的な借り入れにしてくださいね。