月別アーカイブ: 2020年12月

美顔ケアについて

顔マッサージにはいろいろな種類があります。小顔マッサージ、リンパマッサージ、造顔マッサージなども最近では話題になりました。マッサージをすることでリフトアップ効果や、アンチエイジング効果を得られることが可能です。エステティックサロンなどに通って、プロのスタッフの技術がなければ小顔効果は得られないと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないのです。自分でも自宅でできる顔マッサージで手軽に理想の小顔を実現することも可能です。顔マッサージでは目の周りのクマ、くすみ、口周りのたるみ、ほうれい線、二重あごなども解決できます。はなまるマーケットや徹子の部屋など、テレビ番組でも美容方法として紹介された造顔マッサージなどは、1回行うだけでも小顔に変化したことを実感できます。造顔マッサージは肌に圧力をかけるので、マッサージをする際には絶対にクリームを使用しましょう。クレンジングやコールドクリームではなく、マッサージクリームを使いましょう。
肌に負担がかからず、適度な圧力を与えるためには必要です。マッサージは指先や手のひら、関節を使うのも重要なポイントです。爪などが当たると肌が傷つくので、十分に注意して顔マッサージしましょう。
美顔ケアは、フェイシャルケアとも呼ばれます。健康的な肌、みずみずしい肌に整えるための方法で、アンチエイジング効果も大きな意味では美顔ケアの一種ということになります。毎日の化粧や紫外線で肌は痛んでしまいます。そのダメージを癒し、肌を健やかに保つのが美顔ケアです。美顔の条件とは肌にハリがあること、みずみずしいこと、すべすべしていること、肌トラブルがないことです。ケアをしてこれらの条件が満たされれば、毛穴は引き締まり、脂っぽくなく、血色があって透明感のある美肌になれます。美顔ケアのポイントは3つあります。清潔、保湿、保護の3つです。肌が清潔でなければ毛穴が詰まったりしてニキビなどの原因になります。肌が乾燥していれば肌のバリア機能やターンオーバーが妨げられ、肌ダメージがどんどん蓄積されていまいます。紫外線は肌を乾燥させたり、健康機能を害するので、日焼け止めやファンデーションで保護する必要があります。美顔ケアのポイントでもっとも重要と言われるのは保湿です。保湿力のある肌はダメージを受けにくく、肌トラブルにも強い環境だからです。ケアにはコラーゲンやエラスチンなどの成分が必要です。スキンケア用品や食事で必要な成分を摂取しましょう。
ビハキュア 販売店

圧倒的に有酸素運動

この記事は、
・健康づくりを頑張りたい人
・健康になって有酸素運動をしたい人
・運動を頑張りたい人
におすすめできる記事です。
皆さん、こんにちは、
今回の記事では、有酸素運動で何をすればいいのかについて紹介します。
有酸素運動について、悩んだことはありませんか?
実は、有酸素運動は、毎日しすぎない方がいいみたいです。
しかも、有酸素運動はやりすぎると逆に毒になるものなので、程よくが1番です
あなたも一度有酸素運動をしてみませんか?
有酸素運動が優れている理由
有酸素運動はやりすぎなければダイエットするという点から優れています。
そう言えるのには下記のような理由があるからです。
そとそも、有酸素運動とは何かご存知でしょうか?
有酸素運動は、水泳やウォーキング、ジョギングなど継続的に軽度から中度の負荷を身体にかける運動のことです。
こういった運動をすることで酸素を使い体内の脂肪を燃焼させることからそういわれます。
有酸素運動には、脂肪を減らすだけでなく、心肺機能の強化や高血圧の改善、体質改善など多くの良いことが見込まれます。
しかし、有酸素運動は毎日しないほうがよいと言われています。
理由は、筋肉疲労するからです。
一般的に、減量や健康促進のために水泳やウォーキングなどの有酸素運動を毎日行うことも多いだろう。
しかし、有酸素運動は毎日行わないほうがよいといわれている。
その理由は、運動で疲労してから筋肉が回復するまでに、およそ48時間から72時間かかるといわれているからです。
筋肉に疲労が残った状態で運動をすると、
・ケガをする
・筋肉を痛めたりする
・運動の効率も悪化
するなど何かしら体に良くない傾向があるのです。
有酸素運動まとめ
有酸素運動したいなら毎日やるべきではない
いかがでしたか?
有酸素運動とら体を休める重要性についてわかってもらえれば、あなたの健康づくりの効率は一気に高まるはずです。
まずは焦らず有酸素運動とら体を休める重要性を考えながら運動を行うとあなたのためになるはずです。
また、ココユタというサイトはスポーツにおいて素晴らしい知識をくれます。一読の価値ありです。
是非一度有酸素運動とら体を休める重要性を試してみて下さいね!