意外と知らない「糖化」という身体に悪いもの

今回は体に良い物ではなく悪いものです。
「糖化」というものをご存知でしょうか?
体内のタンパク質と食事で摂取した「糖」が結びついて、タンパク質が劣化し老化促進物質のAGEsという悪玉物質に変化することを@投下」と言います。

皮膚に「糖化」が起こるとコラーゲン繊維の弾力が低下し、おp肌の通夜がなくなります。
それがシワやたるみの原因になります。
この「糖化」がお肌をどんどん老化させていくのです。
この「糖化」は皮膚だけでなく身体全体にも作用していきます。
糖尿病
白内障
動脈高岡
脳の老化によるアルツハイマー
怖い病気の下人にもなるのです。

しかし私たちは常に炭水化物を消化して糖に分解してエネルギーを得ています。
ですのでこの「糖化」を防ぐことはできません。
健康な人が食事をすると食べ物が消化されて、糖が腸管から吸収されて血液に取り込まれます。
そのピークは食後1時間ごとされその時に血糖値が最高になります。
そのあと2~3時間をかけて徐々にピークが下がってきて平常の血糖値へと落ち着きます。
少しでもこの「糖化」を抑えたいのであれば、食事後1時間後の血糖値の急上昇をいかに防ぐかがポイントとなります。

この血糖値の急上昇させやすい食べ物とそうでない食べ物があります。
これはその食べ物のGI値によて分類できます。
GI値とは党の身体への吸収されやるい値で、例えば白砂糖はこのGI値が高く血糖値の急上昇をさせる代表的な食べ物です。
それとは逆に米や麦などで精白されていない弦間親全粒粉などはこのGI値が低く血糖値の上昇は緩やかです。

さらに食べ物の種類だけで食べる順番も重要です。
糖質の吸収を抑える食物繊維を含む野菜や海藻類を先に食べてからだと党の吸収が抑えられることは有名な話です。
しかもよく噛んで食べることも毛ッと売りの急上昇を避けるのに効果的とされています。

美味しそうに見える食べ物ほどこの「糖化」におは大敵です。
とんかつの衣の色
パンケーキの焼き色
ポテトチップスの色
これらはすべてタンパク質と糖が加熱されたことで起こる糖化した色なのです。

糖化に関してはの料理法は
焼かない
炒めない

蒸す
煮る
似る
が良いとされています。
住宅ローン 離婚できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です