食べても太らないのは「豚キムチ鍋」「ちゃんこ鍋」

お鍋というものはたとえお腹いっぱい食べても太らない
いや、むしろダイエット効果もある
と言われています。
鍋物には「肉や魚」だけではなく「白菜」「シイタケなどのキノコ類」といった野菜がつきものです。
そして、野菜をたくさん食べることが出来れば確実に痩せるダイエット効果が見込めるのです。

太らないなべ物の作り方は簡単です。
たっぷりの野菜
例えば「白菜」「キャベツ」「人参」「白ネギ」「春菊」などお鍋には定番の野菜がたくさなります。
それらと「赤みのお肉」(豚肉が良いとされています)や「魚」を入れてお腹いっぱい食べるだけです。
野菜たっぷりのお鍋はあなたの考えている以上に低カロリーで低脂肪の食べ物なのです。

例えば
野菜の多いちゃんこ鍋は1人前421kcal
肉の多いすき焼きは1人前862kcal
ですから、すき焼きよりはダイエットにはちゃんこ鍋が良いということになります。
鍋物は野菜嫌いの方でも具になるお肉や魚の出しや味がしみ込んでますし、柔らかくなるので食べやすくなります。

どのお鍋料理でも野菜はたっぷりのものばかりです。
野菜はお鍋で煮るとカサが少なくなります。
生の状態の分量よりもたっぷり野菜を食べることが出来るのです。
いくらたくさん食べてもカロリーが低いのが野菜ですから量を気にする必要はあまりありません。
さらに野菜からは食物繊維が豊富に摂れますから一石二鳥なのです。
食物繊維は消化しにくく、食後の満腹感も長く続きます。
さらにsご供物背にの多い「白菜」「キャベツ」「キノコ」「春菊」などはよく噛まなければいけない食べにくい食材です。
この噛むことが刺激になっては満腹感も得られます。

■ おすすめ食べても太らない鍋1位「豚キムチ鍋」
食べても太らないお鍋第1位は「豚キムチ鍋」です。
メインの食材は赤身の薄切り豚肉
1人前につき4~5枚(100g~120g)
キムチ
ニラ
味付けはキムチだけで量で調整します。
キムチのニンニクとにらの臭いのもとであるアリシンは豚肉のビタミンB1の効果を効率よく引き出します。
キムチの辛味成分はカプサイシンの発汗作用だけでなく脂肪燃焼効果もあります。

■ おすすめ食べても太らない鍋2位「ちゃんこ鍋」
メインの食材は豚肉やタラ・サヨリなどのおさかな
あとは野菜やキノコ類ですがおすすめは種類をたくさんすることです。

魚の臭み消しにショウガやニンニクをよく使いますが、しょうがの辛味成分のジンゲロンが身体に溜まった脂肪を燃やす効果があります。

チャットレディ 稼ぐ コツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です