身体のことを考えてお酒を飲むならビールにしておきなさい

俗に「ビール腹」と言われるようにまるで「ビールを飲むと太る?」といういめーじがありますがビールは他のお酒に比べて合わせるおつまみがたくさなることをご存知ですか?
これが「身体のこと考えてお酒を飲むならビール」という理由でもあります。
ビールならどんなおつまみを選んでもお酒の席は楽しめます。
そうはいってもおつまみってカロリーが高いものが多いのです。
こんなに食べたり飲んだりしたら太りそう?
そんな不安があればお酒の味も不味くなります。

そこで、おつまみの食べ方も気を付けてください。
おつまみの選び方は「低カロリー」「高タンパク」を中心に選んでください。
低カロリーはおつまみをtラベル量を気いしないで済みます。
高たんぱくなおつまみはおぽ酒の外から肝臓を守ってくれます。
幹細胞はアルコールを分解するために限界を超えてしまうと次々に細胞が壊れていきます。
それをタンパク質が修復してくれるのです。

では具体的にどんなおつまみを選べばいいのでしょうか?
具体的には
・生で食べる物
・ゆでて食べる物
が良いとされていあmす。
生で食べる物は
・刺身
・冷ややっこ
・大根やレタス名をを使った野菜サラダ
・海藻のサラダ
・たこときゅうりの巣の物
・かまぼこや札前画などの練り物
・チーズ
などがあります。
ゆでて食べる物には
・枝豆
・しゃぶしゃぶ
・温野菜のサラダ
・味付き卵
などがあります。

■おすすめのビールんぼおつまみはナッツ

ナッツ類
これはあまりワインや日本酒には会いませんがビー^るにはぴったりです。
ナッツ、その中でもアーモンドは最適なんです。
アーモンドは他のおつまみで食べた脂肪や炭水化物までその場で燃やし分解してしまう働きがあるのです。
アーモンドの嬉しい機能の秘密は豊富に含まれているビタミンB2にあります。
ただし1回に食べるアーモンドの量は約25粒程度までにしてくださいね。
それだけ食べればビタミンB2も約0.33見るグラムもあり十分です。

ビールはなかなか量を飲もうとしても、そんなに飲めるものではありません。
ですから、みなさん最初はビールからスタートしてもすぐにワインや日本酒、ウイス気^二スイッチしていきます。
だからこそあえて
ビールを貫き通せばさほど飲みすぎは抑えられるのです。
カイポケ 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です