月別アーカイブ: 2020年10月

食べても太らないのは「豚キムチ鍋」「ちゃんこ鍋」

お鍋というものはたとえお腹いっぱい食べても太らない
いや、むしろダイエット効果もある
と言われています。
鍋物には「肉や魚」だけではなく「白菜」「シイタケなどのキノコ類」といった野菜がつきものです。
そして、野菜をたくさん食べることが出来れば確実に痩せるダイエット効果が見込めるのです。

太らないなべ物の作り方は簡単です。
たっぷりの野菜
例えば「白菜」「キャベツ」「人参」「白ネギ」「春菊」などお鍋には定番の野菜がたくさなります。
それらと「赤みのお肉」(豚肉が良いとされています)や「魚」を入れてお腹いっぱい食べるだけです。
野菜たっぷりのお鍋はあなたの考えている以上に低カロリーで低脂肪の食べ物なのです。

例えば
野菜の多いちゃんこ鍋は1人前421kcal
肉の多いすき焼きは1人前862kcal
ですから、すき焼きよりはダイエットにはちゃんこ鍋が良いということになります。
鍋物は野菜嫌いの方でも具になるお肉や魚の出しや味がしみ込んでますし、柔らかくなるので食べやすくなります。

どのお鍋料理でも野菜はたっぷりのものばかりです。
野菜はお鍋で煮るとカサが少なくなります。
生の状態の分量よりもたっぷり野菜を食べることが出来るのです。
いくらたくさん食べてもカロリーが低いのが野菜ですから量を気にする必要はあまりありません。
さらに野菜からは食物繊維が豊富に摂れますから一石二鳥なのです。
食物繊維は消化しにくく、食後の満腹感も長く続きます。
さらにsご供物背にの多い「白菜」「キャベツ」「キノコ」「春菊」などはよく噛まなければいけない食べにくい食材です。
この噛むことが刺激になっては満腹感も得られます。

■ おすすめ食べても太らない鍋1位「豚キムチ鍋」
食べても太らないお鍋第1位は「豚キムチ鍋」です。
メインの食材は赤身の薄切り豚肉
1人前につき4~5枚(100g~120g)
キムチ
ニラ
味付けはキムチだけで量で調整します。
キムチのニンニクとにらの臭いのもとであるアリシンは豚肉のビタミンB1の効果を効率よく引き出します。
キムチの辛味成分はカプサイシンの発汗作用だけでなく脂肪燃焼効果もあります。

■ おすすめ食べても太らない鍋2位「ちゃんこ鍋」
メインの食材は豚肉やタラ・サヨリなどのおさかな
あとは野菜やキノコ類ですがおすすめは種類をたくさんすることです。

魚の臭み消しにショウガやニンニクをよく使いますが、しょうがの辛味成分のジンゲロンが身体に溜まった脂肪を燃やす効果があります。

チャットレディ 稼ぐ コツ

身体のことを考えてお酒を飲むならビールにしておきなさい

俗に「ビール腹」と言われるようにまるで「ビールを飲むと太る?」といういめーじがありますがビールは他のお酒に比べて合わせるおつまみがたくさなることをご存知ですか?
これが「身体のこと考えてお酒を飲むならビール」という理由でもあります。
ビールならどんなおつまみを選んでもお酒の席は楽しめます。
そうはいってもおつまみってカロリーが高いものが多いのです。
こんなに食べたり飲んだりしたら太りそう?
そんな不安があればお酒の味も不味くなります。

そこで、おつまみの食べ方も気を付けてください。
おつまみの選び方は「低カロリー」「高タンパク」を中心に選んでください。
低カロリーはおつまみをtラベル量を気いしないで済みます。
高たんぱくなおつまみはおぽ酒の外から肝臓を守ってくれます。
幹細胞はアルコールを分解するために限界を超えてしまうと次々に細胞が壊れていきます。
それをタンパク質が修復してくれるのです。

では具体的にどんなおつまみを選べばいいのでしょうか?
具体的には
・生で食べる物
・ゆでて食べる物
が良いとされていあmす。
生で食べる物は
・刺身
・冷ややっこ
・大根やレタス名をを使った野菜サラダ
・海藻のサラダ
・たこときゅうりの巣の物
・かまぼこや札前画などの練り物
・チーズ
などがあります。
ゆでて食べる物には
・枝豆
・しゃぶしゃぶ
・温野菜のサラダ
・味付き卵
などがあります。

■おすすめのビールんぼおつまみはナッツ

ナッツ類
これはあまりワインや日本酒には会いませんがビー^るにはぴったりです。
ナッツ、その中でもアーモンドは最適なんです。
アーモンドは他のおつまみで食べた脂肪や炭水化物までその場で燃やし分解してしまう働きがあるのです。
アーモンドの嬉しい機能の秘密は豊富に含まれているビタミンB2にあります。
ただし1回に食べるアーモンドの量は約25粒程度までにしてくださいね。
それだけ食べればビタミンB2も約0.33見るグラムもあり十分です。

ビールはなかなか量を飲もうとしても、そんなに飲めるものではありません。
ですから、みなさん最初はビールからスタートしてもすぐにワインや日本酒、ウイス気^二スイッチしていきます。
だからこそあえて
ビールを貫き通せばさほど飲みすぎは抑えられるのです。
カイポケ 料金

体力をつけたいならしっかり寝よう

この記事は、
・健康でいたい人
・健康になって頑張りたい人
・運動を頑張りたい人
におすすめできる記事です。
皆さん、こんにちは、
今回の記事では、睡眠の重要性について紹介します。
あなた、体力低下について、悩んだことはありませんか?
実は、体力低下は、良く寝ることすることで簡単に解決出来ちゃうんです。
しかも、良く寝ることはあなたの活動の生産性なので、かなり効果が高いのです。
あなたも一度睡眠習慣を改善してみませんか?
良く寝ることが大切な理由
良く寝ることは、大事といわれますが、あなたの活動の生産性を高める点から優れています。
睡眠や小さな心がけなど、生活習慣によって体力不足を改善できてしまうのです。
では具体的にどうすればいいのかご紹介していきます。
体力をつける生活習慣のポイントは、至って簡単です。
24時前に寝ることです。
睡眠時間に関しては、人それぞれに適した長さあります。しかし、間違い無く言えることは、日付が変わる前に眠ることがあなたの体調を整えてくれます。
就寝から3時間というあいだに
・肌の新陳代謝
・たんぱく質の合成
・疲労回復に必要な成長ホルモン
などが分泌されます。
これらの活動がないと体力が回復してきません。そのため、重要な役割と言えます。
一方眠りが浅い場合は十分な分泌が促されません。
そのため、しっかりと眠ることがとても重要になってきます。
なので、24時前に眠りにつくことであなたの身体に適切な安らぎを提供して、ホルモンの分泌をしやすい環境を整えてあげることが大変重要なのです。
まとめです。
体力の低下でなやむなら良く眠るべき
いかがでしたか?
睡眠の大切さについてわかってもらえれば、あなたの健康づくりの効率は一気に高まるはずです。
まずは焦らず24時前に眠ることをやってみるとあなたのためになるはずです。
また、スポケンというサイトはスポーツにおいて素晴らしい知識をくれます。一読の価値ありです。
是非一度24時前に寝てあなたの体力改善を試してみて下さいね!