発芽玄米って自分で作れるって知ってた?

お米やパンは急激な血糖値の上昇を招きます。
だから、お米やパンを食べる量を減らす人も多くなってきました。
芸能人で「お米は一切食べない」というストイックな人もいるようです。
一昔前は、お米は積極的にとったほうが健康にいいという風潮がありましたが、最近はかなり流れが変わってきているようです。
健康志向は年々強まってきていますが、どうも経済と同じく二極化してきているように感じます。
健康になりたいと思う人は健康オタクというレベルである反面、健康意識の低い人は好きなものをガンガン食べているという印象を受けます。
コンビニの店舗数は年々増加傾向にありますし、マクドナルドの全店売上高が過去最高を記録したというのも、その現れではないでしょうか。
とはいうものの、同時に健康志向もどんどん高くなっています。
最近では精製された白米では栄養が乏しいうえに血糖値上昇を招くことが危惧されています。
白米をやめ、玄米を主食にしている人も多くなってきました。
玄米は白米を精製する前のものなので、白米に比べて栄養豊富で血糖値上昇も緩やかです。
味については、白米に劣ると言われていますが、意外と玄米のほうがおいしいという声も多くあります。
玄米の栄養価をさらに高めたものが発芽玄米です。
一言でいうと玄米を発芽させたものですね。
発芽玄米には自律神経のバランスを整え、リラックス作用もあるとされるGABA(ギャバ)を多く含まれています。
健康意識の高い人は玄米のさらに上をいく発芽玄米を主食にしている人も増えてきました。
発芽玄米はふつうのスーパーでも販売されています。
良いこと尽くめの発芽玄米ですが、白米や玄米に比べて割高というのが少し難点です。

ところが、この発芽玄米、意外と簡単に自宅で作ることができます。
玄米を1~2日、水に浸けておくだけです。
たったこれだけで、玄米が発芽して発芽玄米になります。
水がにごってニオイも少しでてくるので、炊く前はしっかりと洗うことが大切です。
このように発芽玄米は意外と簡単に自宅で作ることができるんです。

健康志向が高まるとダイエットとは無縁になります。
逆に細すぎて悩むかもしれません。
その分、食べれば体重を増やすことはできるでしょうが、不健康に太るのはよくありません。
そんなときにピッタリなサプリメントが「プルエル」です。
プルエル 薬局
痩せるためではなく、太るためのサプリメントです。
健康的なカラダをつくれると評判です。
普通のサプリメントに比べて少し高額ではありますが、健康的なカラダづくりをしたいと思っているなら一度試していてはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です